ヘルスデーニュース

エジプトのファラオは「儀式的処刑」を受けた?

  • 文字
  • 印刷
CTでミイラを調査するSaleem氏=同氏提供
CTでミイラを調査するSaleem氏=同氏提供

 最新技術を用いた研究により、古代エジプトのファラオ(王)の死に関する謎が解明された。1881年にデル・エル・バハリ(エジプト・西テーベにある神殿などの遺跡)の隠し墓で発見されたセケンエンラー・タア2世(タア2世)のミイラをCT(コンピューター断層撮影)で調べることにより、タア2世の死の詳細が明らかになったという。カイロ大学(エジプト)教授のSahar Saleem氏と元エジプト考古学省大臣のZahi Hawass氏によるこの研究結果は、「Frontiers in Medicine」に2月17日に掲載された。

 タア2世は古代エジプト第17王朝のファラオで、異民族のヒクソスが約1世紀にわたり王国全土を占領していた時期(紀元前1650~1550年頃)に、下エジプトを短期間(紀元前1558~1553年頃)支配した。タア2世はヒクソスを駆逐するための戦いに挑んだが、その最中に捕らえられ、死亡した。

この記事は有料記事です。

残り1208文字(全文1608文字)