医療・健康Tips

腰曲がり・背中曲がりの治療法

  • 文字
  • 印刷

 高齢になると背中や腰が曲がってしまい、痛みだけでなく食道炎などが生じることもあります。「老化現象だからしかたがない」とあきらめる前に、治療も検討してみましょう。

40~50代から脊柱に変化

 脊椎(せきつい)は本来、首(頸椎)と腰(腰椎)の部分が前側に出る弯曲(前弯)、胸(胸椎)の部分が背中側に出る弯曲(後弯)をしていて、S字形のカーブを描いている状態が自然です。

 この腰の部分が後弯になったり、胸(背中)の部分の後弯がさらに強くなったりすると、高齢者によく見られる腰曲がり、背中曲がりの姿勢になり、「後弯症」と呼ばれます。何らかの自覚症状が出やすいのは、腰の後弯症です。

この記事は有料記事です。

残り1493文字(全文1779文字)