ヘルスデーニュース

1日400gの野菜と果物が長生きのコツ

  • 文字
  • 印刷

 1日3サービング(サービングは食事の量の単位、今回の記事では80g)の野菜と2サービングの果物の摂取は長生きにつながるとする研究結果が、医学誌「Circulation」に3月1日報告された。研究を実施した米ハーバード大学医学大学院のDong Wang氏らは「研究結果は、1日に5サービングの野菜と果物の摂取を推奨している米国の食事に関する勧告や健康推進運動(5 A DAY運動)を支持するものだ」と述べている。

この記事は有料記事です。

残り1194文字(全文1400文字)