ヘルスデーニュース

新型コロナ 「イベルメクチン」の使用に警鐘

  • 文字
  • 印刷

 米食品医薬品局(FDA)は3月8日、消費者向けの健康・安全情報(Consumer Updates)で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療と予防のために駆虫剤のイベルメクチンを使用しないよう、注意喚起した。https://www.fda.gov/consumers/consumer-updates/why-you-should-not-use-ivermectin-treat-or-prevent-covid-19

 イベルメクチンは、寄生虫を原因とする「糞線虫症」と「オンコセルカ症」の治療に対する薬として、FDAに承認されている。また、アタマジラミなどの外部寄生虫の駆除や、酒さ(皮膚炎の一種)などの治療のための局所薬としても承認されている。さらに、寄生虫駆除用に、ウマやウシなどの動物にも使用されている。

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1365文字)