医療プレミア特集

「筋肉体操 体を動かすって気持ちいい」 谷本さんに聞く/上

医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
「今は運動習慣が続きやすいタイミング」と話す近畿大の谷本道哉准教授=和歌山県紀の川市の近畿大生物理工学部で2021年2月25日、石田奈津子撮影
「今は運動習慣が続きやすいタイミング」と話す近畿大の谷本道哉准教授=和歌山県紀の川市の近畿大生物理工学部で2021年2月25日、石田奈津子撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で自宅で過ごす時間が増え、運動不足を感じている人は多い。体を動かさないことによる健康への影響や、筋トレを持続させるコツについて、NHKのテレビ番組「みんなで筋肉体操」でおなじみ、近畿大生物理工学部の谷本道哉准教授(48)に話を聞いた。【くらし医療部・石田奈津子】

 ――新型コロナウイルスが日本で拡大してから、1年以上がたちました。外出自粛による筋力低下や健康状態への影響を感じますか。

 ◆昨春の緊急事態宣言の頃は、運動不足への危機感をとても持っていました。「ステイホーム」という言葉が浸透して、「家から一歩も出てはいけない」と誤解している人が多くいました。大学のオンライン授業で学生と話したときに、「近所の人に見つからないよう、外の空気を吸いたい時にはこっそりベランダに出ている」という学生もいました。

 自治体が公園を封鎖したのも問題でした。ただ行けなくなるだけでなく、公園に行くことはだめな行為なのだという刷り込みになります。「不要不急」という言葉もありますが、公園に行くことは不要不急ではありません。「密になるところは極力控えてください」などの言い方がベターだと思います。

 昨年春の状態から、少しずつ世間が落ち着いていって、外に出る人が増えてきました。新型コロナの感染拡大前に比べて、明らかにウオーキングする人が増え、家で筋トレする人も増えました。

 通勤していた人がテレワークになったり、外出する機会が減ったりして、生活は大きく変わりました。これまで通勤や買い物など生活活動が一つの運動だったのが、その機会が減って、運動不足を感じるようになったのです。「運動を一切していなかった人が運動…

この記事は有料記事です。

残り1858文字(全文2568文字)

医療プレミア編集部

毎日新聞医療プレミア編集部は、国内外の医師、研究者、ジャーナリストとのネットワークを生かし、日々の生活に役立ち、知的好奇心を刺激する医療・健康情報をお届けします。