人生なりゆき~シニアのための楽しい生き方・逝き方

前立腺がん発見から1年 私は元気です

  • 文字
  • 印刷
毎日文化センターで講演する石蔵文信・大阪大招へい教授。元気そうに、楽しく過ごす日々などについて語った=大阪市北区で2020年11月17日
毎日文化センターで講演する石蔵文信・大阪大招へい教授。元気そうに、楽しく過ごす日々などについて語った=大阪市北区で2020年11月17日

 私の前立腺がんが発見されて1年が経過しました。今回はその報告を兼ねてコラムを書きます。実際には「3年くらい前から前立腺がんはあったのでないか」と想像されますが、全く症状がないのでわからなかったのです。60歳以降は前立腺がんの指標であるPSA検査が推奨されていますが、「大丈夫だ」と根拠のない自信から検査をしなかったことが今日につながったようです。自業自得です。心配な方は毎年PSA検査を受けてみてください。採血だけでわかりますので、それほど負担はないでしょう。

 私の前立腺がんの全身の骨への転移がわかったのは昨年2月の後半でした。3月初旬に1日入院して細胞を検査したところ、悪性度の強い前立腺がんだということがわかりました。全身の骨に転移しているので治療の選択肢が少なく、ホルモン療法を受けることになりました。この主な治療は男性ホルモンを極力少なくすることです。多くの前立腺がんは男性ホルモンがあることで勢いがつきます。そのため男性ホルモンを少なくすることで前…

この記事は有料記事です。

残り1869文字(全文2300文字)