ヘルスデーニュース

新型コロナ 歩くのが速い人は重症化しにくい?

  • 文字
  • 印刷

 ふだんの歩く速さと、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)罹患時の重症化リスクや死亡リスクとの間に、有意な(統計的に偶然とは言えない)関連があるとするデータが報告された。英レスター大学のThomas Yates氏らの研究によるもので、詳細は「International Journal of Obesity」に2月26日に掲載された。

 この研究では、英国で行われている中高年者対象の大規模前向きコホート研究「UK Biobank」のデータを解析した。論文の筆頭著者であるYates氏は「これは、歩行速度が遅い人はCOVID-19罹患時に重篤になりやすいことを示した初の研究だ」と述べている。

この記事は有料記事です。

残り1419文字(全文1718文字)