漢方ことはじめ

100年後から眺める最新の医学

津田篤太郎・NTT東日本関東病院リウマチ膠原病科部長
  • 文字
  • 印刷
 
 

全く新しいシステムのワクチン

 最近、新型コロナウイルス感染症のワクチンに関するニュースが話題にのぼることが多くなっています。

 ワクチンとは、「ある病原体が引き起こす病気に一度かかると、二度とかからない」という免疫の仕組みを利用した病気の予防法です。病原体を何らかの方法で弱らせて、病気を起こす能力を大幅に減じてから体内に接種すると、病気がほとんど発症しないまま免疫だけを獲得できます。弱った病原体をまるごと使わなくても、病原体を潰してたんぱく質など“かけら”だけを接種する方法も工夫され、実際に広く使われています。

 今回のパンデミックをきっかけに、上記いずれの方法でもなく、“ウイルスの設計図”(核酸)を使った、まったく新しい種類のシステムによるワクチンの開発が一気に進み、実用化されました。

 日本でも接種が始まった「メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン」は、体内の細胞に取り込まれると、設計図としての機能を発揮し、細胞の中でせっせとウイルスの部品を作り出します。しかしこの設計図は不完全なもので、ウイルスの部品を作ることはできても、ウイルス自体を完成させることはできません。そのため、新型コロナ感染症は発症しませんが、通常はからだの中にないはずのウイルスの部品が増えてくると、免疫のシステムがやがてそれを感知して、抗体と呼ばれるたんぱく質を作って排除します。こうして、いったん排除の仕組みが出来上がると、次に本物の新型コロナウイルスが入ってきたら速やかに抗体で排除できるようになる、というわけです。

 このような複雑で巧妙な仕掛けのワクチンが、新型コロナ感染症が世界中で流行してから瞬く間に、世界中で広く使われるようになったことを、私は大きな驚きをもって受け止めています。

医薬品の信頼は「一日にして成らず」

 新しい医薬品というものは、理屈では効くはずであっても、患者さんに使ってみると意外なほど効き目が出なかったり、予想外のトラブルが続出したりすることもあります。そこで、当局の認可が下りて発売される前に、ある程度の人数の被験者を募集して医薬品を使ってもらい、安全性と有効性のデータを集める臨床試験という手続きをクリアしなければなりません。

 この臨床試験は厳密なもので、…

この記事は有料記事です。

残り1950文字(全文2887文字)

津田篤太郎

NTT東日本関東病院リウマチ膠原病科部長

1976年京都生まれ。京都大学医学部卒。北里大学大学院修了(専攻は東洋医学)。東京女子医大付属膠原病リウマチ痛風センター、JR東京総合病院、聖路加国際病院Immuno-Rheumatology Centerを経て、現在、NTT東日本関東病院リウマチ膠原病科部長。福島県立医科大学非常勤講師。著書に「未来の漢方」(森まゆみと共著、亜紀書房)、「漢方水先案内 医学の東へ」(医学書院)、「ほの暗い永久から出でて 生と死を巡る対話」(上橋菜穂子との共著、文藝春秋)など。訳書に「閃めく経絡―現代医学のミステリーに鍼灸の“サイエンス"が挑む! 」(D.キーオン著、須田万勢らと共訳)がある。