ヘルスデーニュース

新型コロナ 日ごろの運動が重症や死亡を減らす

  • 文字
  • 印刷

 運動は、加齢に伴い増加するさまざまな慢性疾患の予防に効果的だが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化予防にも有効である可能性が報告された。日常的に身体活動を行っていたCOVID-19患者では、入院や集中治療室(ICU)入室、死亡のリスクが低いことが明らかになったという。米カイザー・パーマネンテ・フォンタナ医療センターのRobert Sallis氏らによるこの研究の詳細は、「British Journal of Sports Medicine」に4月13日に掲載された。

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1511文字)