ヘルスデーニュース

夕食の食べ過ぎや夜食が翌日の仕事に影響?

  • 文字
  • 印刷

 寝る前にスナックを食べて満足感を得るなどの行為が、翌日の仕事のパフォーマンスを低下させる可能性を示唆するデータが報告された。米ノースカロライナ州立大学心理学部のSeonghee Cho氏らの研究によるもので、詳細は「Journal of Applied Psychology」に3月25日に掲載された。

この記事は有料記事です。

残り1613文字(全文1765文字)