医療・健康Tips

「菌」を整えてすこやかに

  • 文字
  • 印刷

体内には1000兆個の菌が存在

 感染症への対策として、除菌の意識が高まっています。もちろん、危険な感染症の病原菌やウイルスには除菌が重要です。しかし、体内に目を向けると、私たちは無数の菌と共存し、菌に守られていることがわかります。人の細胞の数およそ60兆個に対し、体内には実に600兆~1000兆個、重さにして1~2kg、1000種以上の「常在菌」が存在し、栄養素を分解して消化を助け、抵抗力を高めるほか、さまざまな働きをしています。基本的には健康を維持する役割を担っていますが、中には病気の原因になる菌もあります。常在菌は、付き合い方しだいで私たちの健康に大きな影響を与えるものなのです。

この記事は有料記事です。

残り2815文字(全文3110文字)