医療・健康Tips

咳ぜんそくはどんな病気?

  • 文字
  • 印刷

 乾いた咳が長く続く「咳ぜんそく」は、そのままにしておくと気管支ぜんそくに移行することもあるため注意が必要です。また、咳の原因として、思わぬ病気が隠れていることも。咳ぜんそくの特徴を知り、長引く咳は軽視せずに早期受診・早期治療を心がけましょう。

きっかけはさまざま

 咳ぜんそくは、気道がさまざまな刺激に敏感に反応して慢性的に咳が続く病気で、気管支ぜんそくの前段階とも考えられています。かぜをひいたあとに起こるケースが多くみられますが、花粉やホコリ、PM2.5、動物の毛、たばこなどの煙、香水などのにおい、食品添加物や住宅建材に含まれる化学物質、気温や気圧の変化、胃酸の逆流、ストレスなどが原因で起こることもあり、何が刺激になるかは人それぞれです。

この記事は有料記事です。

残り3121文字(全文3443文字)