心の天気図

「志望動機」で悩んだらプロの助言も

佐々木 司・東京大学教授・精神科医
  • 文字
  • 印刷
 
 

 教職員の募集などで就職面接を担当することが年に何回かある。どの募集でも応募書類に書いてもらうことは大体決まっていて、経歴のほかは、志望動機と将来への抱負といったところである。自分の長所を語ってもらうこともある。プライバシーに立ち入るリスクのある質問は昨今ご法度のため、おのずとこのような質問ばかりになるのだが、考えてみると応募者には意外と答えにくいかもしれない。

 たとえば「志望動機」については、明確に答えられる人もたまにはいるかもしれないが、多くの人にとっては「何か仕事を探しているから」の一語に尽きるだろう。

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1076文字)

佐々木 司

東京大学教授・精神科医

東京大学医学部医学科卒。東大病院、財団法人神経研究所晴和病院での勤務を経て、トロント大学クラーク精神医学研究所に留学。帝京大学医学部講師などを勤め、2008年に東京大教授。生活習慣や環境的諸要因と「こころと体」の健康との関連の解明、学校精神保健教育プログラム開発などを進め、英文国際誌を中心に成果を発表している。日本不安症学会理事長、日本学校保健学会常任理事。一般向け著書としては「その習慣を変えれば『うつ』は良くなる!」、共著に「精神科医と養護教諭がホンネで語る 思春期の精神疾患」