医療・健康Tips

傷を早くきれいに治す「湿潤療法」とは

  • 文字
  • 印刷

 ひと昔前までは、傷ができると消毒してガーゼなどを当て、乾かして治す方法が一般的でした。しかし、現在では、傷口を湿った状態に保って治す「湿潤療法」が主流となっています。湿潤療法とはどのような治療法で、家庭で取り組む際にはどのような点に注意すればよいのでしょうか。東京医科大学 形成外科学分野 主任教授、松村一先生に伺いました。

この記事は有料記事です。

残り3894文字(全文4057文字)