ヘルスデーニュース

新型コロナ 昨年は欧米などで98万人が超過死亡

  • 文字
  • 印刷

 2020年に29カ国の高所得国では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの直接的および間接的影響で、100万人近くの「超過死亡」が発生したとする研究結果が報告された。超過死亡は、米国、英国、イタリア、スペイン、ポーランドの順に多かったという。英オックスフォード大学人口健康学部のNazrul Islam氏らによるこの研究は、医学誌「The BMJ」に5月19日に発表された。

 超過死亡とは、感染症をはじめとする全疾患の平年の死亡数を基にした当該年度の予想死亡数と、実際の死亡数との差のことである。一定の期間の超過死亡を割り出すことで、人口の異なるさまざまな国での死亡数にCOVID-19が与えた影響を測ることができる。

この記事は有料記事です。

残り1411文字(全文1731文字)