ヘルスデーニュース

「複製可能性未確認」の論文はよく引用される

  • 文字
  • 印刷

 結果を検証できず、信頼性の高いデータではない可能性のある研究論文ほど、他の論文に引用される頻度が高いという報告が「Science Advances」に5月21日に掲載された。米カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)のMarta Serra-Garcia氏とUri Gneezy氏が、心理学や経済学、自然科学のトップジャーナルの論文を解析した結果、明らかになった。Serra-Garcia氏は「われわれの調査結果が、興味深く魅力的な論文を読んだ人に対して、信頼性の確認を怠らないよう、注意喚起することを期待している」と同大学発のリリースに記している。

この記事は有料記事です。

残り1481文字(全文1759文字)