医療プレミア特集

「目薬のさし過ぎで傷」コロナ下の正しい角膜ケア

鈴木敬子・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

 コロナ禍で、テレワークによるオンライン会議や飲み会、外出自粛を受けて自宅で動画配信サービスを楽しむなど、目を酷使する場面が増えた。そうした生活は、レンズの役割を果たす角膜に傷をつけるリスクを高めるという。セルフケアの方法として点眼薬が有効だが、専門家のアンケートから、誤った使い方によって、かえって角膜を傷つけている可能性が浮かび上がった。角膜に傷がつくとどうなるのか。適切なケアとは――。

 角膜とは、目の表面にある厚さ0.5mmの膜で、通常「黒目」と呼ばれる部分をさす。レンズとしての機能を持ち、正確に情報を取り入れたり、眼球に光を取り入れたりする役割を担う。角膜は5層から構成される。一番外側にある角膜上皮層はわずか0.05mmと薄く、生きた細胞がむき出しの状態になっているため、特に傷つきやすい。角膜は涙によって乾燥や外部の刺激から守られる。まばたきをすることで角膜の表面に涙の膜がつくられている。

 しかし、こうした涙の膜が崩れると、目に入った異物やまばたきそのものでも角膜に傷がついてしまう。角膜には自己修復する機能があるが、目を傷つける要因が多いと修復が追いつかず、さまざまな不快な症状の原因となる。たとえば、文字がぼやける▽目がかすむ▽ゴロゴロ感がある▽寝ても疲れ目が解消しない▽目に痛みがある――など。「単なる疲れ」や「年のせい」と放置するのは危険だ。

コロナ禍における「角膜の傷リスク三重苦」とは

 「コロナ禍で誰もが“角膜の傷リスク三重苦”にさらされています」。東邦大医療センター大森病院の堀裕一教授はこう指摘する。三重苦の一つ目は、目にかかる負担が増えていることだ。

 眼科医らでつくる「現代人の角膜ケア研究室」が今年3月、10~60代の男女2万人を対象に実施した調査によると、コロナ以前と比べてパソコンの作業時間や動画などを見る時間が増えたと答えた人は利用者全体の54.8%、スマートフォンやタブレットを使う時間も62.2%の人が増えたと回答した。通常、まばたきの回数は1分間に15~20回ほどだが、こうしたVDT作業(※1)に集中していると、4分の1程度まで減ってしまう。また、パソコンやスマホを長時間見続けると交感神経が優位になり、涙も出にくくなるため、目の表面が乾いて傷がつきやすくなる。

 二つ目は…

この記事は有料記事です。

残り1829文字(全文2790文字)

鈴木敬子

毎日新聞 医療プレミア編集部

すずき・けいこ 1984年茨城県生まれ。法政大卒。2007年毎日新聞社入社。岐阜支局、水戸支局、横浜支局などを経て、15年5月から医療プレミア編集部。