ヘルスデーニュース

「植え込み型」の心電図計で異常の検出率向上

  • 文字
  • 印刷

 カナダ・アルバータ州カムローズ市で32年間現職の市長を務めているNorman Mayerさん(86歳)は、2015年後半に一過性脳虚血発作(TIA)を発症した後、不整脈の一種である心房細動を検出するために、植え込み型心電図記録計(ICM)を胸に植え込む手術を受けた。Mayerさんは「ICMが自分の体内にあるという実感はなく、日々の暮らしの中でわずらわしさを感じたことはない」と話す。それどころかICMのおかげで、以前よりも医師たちによるMayerさんの心臓モニタリングの精度が上がり、心臓の状態に合わせて脳卒中の再発予防用の薬剤を調節することが可能になったという。このようなICMの有効性を検証した2件の臨床試験の結果が「JAMA(米国医師会雑誌)」に6月1日に発表された。Mayerさんはそのうちの1件の参加者だ。

 脳卒中患者に対しては通常、トランプのカードとほぼ同じサイズの携帯型モニター(体外式ループレコーダー)で30日間、心臓のモニタリングが行われる。このレコーダーを使うには、心臓のリズムを記録するモニターに接続された電極を、胸に貼る必要がある。しかし、今回の2件の臨床試験のうちの1件を率いた、アルバータ大学(カナダ)のBrian Buck氏は「1カ月間のモニタリング期間は、心房細動の検出には短すぎる。…

この記事は有料記事です。

残り1271文字(全文1831文字)