医療・健康Tips

急速に進行する「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」とは?

  • 文字
  • 印刷

 食物アレルギーの多くは、アレルゲンとなる食物摂取後、2時間以内にアレルギー症状があらわれるのが一般的です。しかし、食後はアレルギー症状が出ていないのに、それから数時間以内に運動や入浴をしたことをきっかけに症状があらわれるものもあります。それが「食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIA)」です。

この記事は有料記事です。

残り1295文字(全文1446文字)