ジソウのお仕事

Dくんは児相をすり抜けていったのか?

青山さくら・児童相談支援専門職員
  • 文字
  • 印刷
 
 

 昼休みの所長室で、管理職たちが食事をしながらテレビのニュース番組を見ている。管轄内で子ども絡みの事件・事故が起きていないかチェックしているのだ。

 ある日、テレビに映し出された「ひったくり」の共犯者の名前を見て、私が以前担当したDくんだとわかった。年齢は20歳とあった。

 Dくんは、同じ20歳の自称解体工の男と自転車の2人乗りで、高齢女性のバッグをひったくり、警察に逮捕された。被害額は、数千円とのことだった。

この記事は有料記事です。

残り2432文字(全文2638文字)

青山さくら

児童相談支援専門職員

「青山さくら」はペンネーム。複数の児童相談所で児童福祉司として勤務。「ジソウのお仕事」は隔月刊誌「くらしと教育をつなぐWe」(フェミックス)で2009年4月から連載。過去の連載の一部に、川松亮・明星大学常勤教授の解説を加えた「ジソウのお仕事―50の物語(ショートストーリー)で考える子ども虐待と児童相談所」(フェミックス)を20年1月刊行。【データ改訂版】を2021年3月に発行した。絵・中畝治子