ヘルスデーニュース フォロー

新型コロナ 野菜と魚を食べて重症化を減らせる?

 植物性食品中心の食習慣は、心臓病などの慢性疾患のリスクの低さと関連しているが、最新の研究で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)罹患時の重症化リスクが低いこととも関連しているというデータが報告された。米スタンフォード病院のSara Seidelmann氏らの研究で、詳細は「BMJ Nutrition Prevention & Health」に6月7日に掲載された。

 COVID-19パンデミック以降、食習慣とCOVID-19の罹患率や重症度との間に、何らかの関連があるのではないかとの仮説が立てられている。しかし検証はされていない。

この記事は有料記事です。

残り1474文字(全文1750文字)