ヘルスデーニュース フォロー

コンピューターに文字を「脳内チップで入力」

 脳内に埋め込んだマイクロチップを通して、首から下がほとんど動かせない麻痺患者が文字入力により意思を伝達することができたとする研究成果が、米スタンフォード大学脳神経外科教授のJaimie Henderson氏らにより、「Nature」5月12日号に発表された。そのスピードは、健常者のスマートフォン(スマホ)での文字入力に近いものであったという。専門家らは、脳とコンピューターをつなぐブレイン・コンピューター・インターフェース(BCI)技術の開発における最新の成果だと評価している。

 以前から、傷害や疾患により体を動かしたり話したりする能力が失われた患者が、できるだけ自立した日常生活を送れるようになることを目指し、BCI技術の研究が重ねられてきた。

この記事は有料記事です。

残り1482文字(全文1807文字)