医療プレミア特集

国内承認に向けたハードルは? アルツハイマー病新薬

西田佐保子・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
「いかなる優れた薬剤が開発されたとしても、非薬物療法によって本人と家族が安心して生活できる環境を支えることが最も大切」と語る新井平伊さん=東京都千代田区のアルツクリニック東京で‎2021‎年‎6‎月9‎日、永山悦子撮影
「いかなる優れた薬剤が開発されたとしても、非薬物療法によって本人と家族が安心して生活できる環境を支えることが最も大切」と語る新井平伊さん=東京都千代田区のアルツクリニック東京で‎2021‎年‎6‎月9‎日、永山悦子撮影

 アメリカで18年ぶりに承認されたアルツハイマー病の新薬「アデュカヌマブ」。国内にも新薬の登場を心待ちにしているアルツハイマー病の患者やその家族は多い。エーザイなどは日本でも申請をしているが、投与対象者をどのように決めるかや、年間約610万円という高額の薬剤費など承認に向けたハードルは高い。前回に続き、アルツクリニック東京院長の新井平伊・順天堂大学名誉教授(68)に国内で使用する場合の課題や見通しを聞いた。【聞き手・西田佐保子】<インタビュー前編「アルツハイマー病新薬「アデュカヌマブ」の光と影」>

アデュカヌマブが承認されるまでの道のり

 脳内に蓄積する異常なたんぱく質「アミロイドβ(以下、Aβ)」の除去によってアルツハイマー病の進行の抑制を狙う「アデュカヌマブ」が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得るまでには、紆余(うよ)曲折あった。

 日本を含む20カ国のアルツハイマー病による軽度認知障害(MCI)と軽度アルツハイマー病の人を対象にした治験(臨床試験)の最終段階「第3相臨床試験(P3)」の中間解析で、専門家で構成されるFDAの諮問委員会は有効性を証明できる見込みがないと判断し、二つの治験(EMERGE試験とENGAGE試験)が一時中止された。

 しかし、中止後も投与を継続し、新たに分析対象となった高用量を投与する被験者を含めた「EMERGE試験」の追加データを分析したところ、認知機能や日常生活動作の進行がわずかながらも抑えられたことが確認された。また、二つの治験で脳内のAβが59~71%減っていた。

 そこで、FDAは効果を見極めるための追加の臨床試験の実施を条件とし、「迅速承認」した。新たな治験で効果がないと判断された場合、承認は取り消される。

頓挫したAβのワクチン開発

 ――アルツハイマー病の根本的な発症メカニズムは解明されていないものの、発症するおよそ20年前に異常なたんぱく質「Aβ」が脳内にたまり始め、その後、別の異常なたんぱく質「タウ」が蓄積し、神経細胞が死んでいきます。すでにたまっているAβを脳内から除去する「アデュカヌマブ」は、「治療薬」というよりもアルツハイマー病の進行を抑える「予防薬」に近いイメージがあります。

 ◆そうかもしれません。新型コロナ感染症のワクチンと似ていますね。実はかつて、アメリカの科学者、デール・シェンク氏が「ワクチン療法」によるアルツハイマー病の治療を思いつきました。Aβそのものを投与して、Aβに対する抗体を獲得すれば、神経細胞の外にたまったAβのかたまりである「老人斑」を分解し、アルツハイマー病を治療できるのではないかと考えたのです。

 老人斑の除去には成功したものの、フランスでこのワクチン「AN-1792」を投与する治験を実施したところ、2002年1月にアルツハイマー病の被験者が脳脊髄(せきずい)炎を発症するなどの深刻な副反応が判明し、治験は中止になりました。健康な人間の脳にもAβは存在するため、自己免疫反応が起きたのだと推察されます。

 そこで、次にAβに対する抗体そのものを投与する方法が考えられました。それがヒト化モノクローナル抗体の「アデュカヌマブ」です。脳内にたまったAβに結合して取り除く作用があります。抗体医薬なので、ワクチンと比較して高額になります。

 ――FDAでは、「アルツハイマー病」の人を対象として承認しました。日本で承認される場合、投薬の対象はどのようになると思いますか。将来的に必ず発症する家族性アルツハイマー病に関わる「APP(アミロイド前駆体たんぱく質)」「PSEN1(プレセニリン1遺伝子…

この記事は有料記事です。

残り1992文字(全文3488文字)

西田佐保子

毎日新聞 医療プレミア編集部

にしだ・さほこ 1974年東京生まれ。 2014年11月、デジタルメディア局に配属。20年12月より現職。興味のあるテーマ:認知症、予防医療、ターミナルケア。