医療・健康Tips

胃がけいれんするとはどういう状態?

  • 文字
  • 印刷

 突然、みぞおちの辺りに激痛が起こり、あまりの痛さに動けなくなってしまうこともある胃けいれん。病名ではなく症状名とされています。実際には胃がけいれんしているわけではなく、胃を収縮・拡張させる筋層が急に緊張して痛みを起こします。痛みのほかに、吐き気、げっぷ、嘔吐、胸やけ、食欲不振などを伴うこともあります。

 他にも、胃がねじれる、締め付けられる、キリキリともみこまれる、差し込むように痛むなどと表現されます。症状は発作的に起こり、30分から2時間ほど続くこともあります。

この記事は有料記事です。

残り1021文字(全文1255文字)