ヘルスデーニュース

「130歳の人」が今世紀中に出現か

  • 文字
  • 印刷

 人間は何歳まで生きられるのだろうか。米ワシントン大学のMichael Pearce氏とAdrian Raftery氏による新たな研究で、今世紀中に130歳の誕生日を迎える人が現れる可能性があるとの予測結果が示された。研究の詳細は「Demographic Research」6月30日号に掲載された。

 100歳を超える人の数はこの数十年で着実に増えており、全世界で50万人近くにも達するという。人類史上最長寿とされるフランスのジャンヌ・カルマンさんは、1997年に死去した時点で122歳だった。現在の世界最高齢者は日本の田中カ子(かね)さんで、2021年7月現在で118歳である。専門家の間には、疾患と細胞の劣化があるため、人間の寿命には限界があるとする見解がある一方で、寿命に限界はないとする見方もある。

 Pearce氏は「人間は限界への挑戦に魅了されるものだ。月まで行けるのか挑戦してみたり、オリンピックで最速を競ったりするのと同じように、寿命の限界にも関心を持っている。今回、われわれは、今世紀中に人間が何歳まで生きられる可能性があるのかを知りたかった」と研究背景について説明している。

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1372文字)