ヘルスデーニュース フォロー

マグロやサバを食べて頭痛の回数を減らせる?

 マグロやサーモン、サバなど「オメガ3脂肪酸」を豊富に含む食品を摂取することで、片頭痛の頻度が減り、症状の緩和もできる可能性があることを示す研究結果が明らかになった。それに加え、植物油からのオメガ6脂肪酸の摂取を避けると、片頭痛コントロールがさらに改善することも示されたという。米国立老化研究所のChristopher Ramsden氏らによるこの研究の詳細は「The BMJ」に7月1日に掲載された。

この記事は有料記事です。

残り1763文字(全文1964文字)