医療プレミア特集

新型コロナワクチン 接種前と後に知っておきたいこと

西田佐保子・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
「僕自身は、子どもへの接種には基本的に前向きですが、『まずは子どもに関わる周りの大人たちが積極的に接種することで子どもを守る』という考えに賛成です」と話す坂本昌彦さん
「僕自身は、子どもへの接種には基本的に前向きですが、『まずは子どもに関わる周りの大人たちが積極的に接種することで子どもを守る』という考えに賛成です」と話す坂本昌彦さん

 新型コロナウイルス感染症の収束への鍵を握ると期待されているのがワクチンだ。現在、国内で接種が進む米ファイザー社製と米モデルナ社製の「メッセンジャー(m)RNAワクチン」は、ともに高い有効性が確認されているが、接種した部分の痛みや疲労感など接種後の副反応も報告される。「アレルギーがあるけれど大丈夫?」「子どもにも打たせるべき?」「どのような副反応が出たら受診すべき?」「接種後の感染対策は?」などの疑問について、長野県の新型コロナワクチン接種アドバイザーで、佐久総合病院佐久医療センターの坂本昌彦・小児科医長(44)に聞いた。(聞き手・西田佐保子)

副反応と有害事象の違いは?

 ――新型コロナワクチン接種による副反応に不安を持っている人は少なくありません。

 ◆まずご説明したいのが、ワクチンの「有害事象」についてです。有害事象は、ワクチンを接種した後に起きる体に好ましくないすべての事柄を指し、ワクチンが原因かどうかは問いません。「副反応」は、有害事象のうちワクチン接種と因果関係が確認されたものになります。例えば、ワクチン接種の後、雷に打たれて亡くなった場合もワクチンの有害事象に含まれますが、副反応ではありません。

 コロナワクチンの接種が原因で起きる主な副反応は、接種した部位の痛みや腫れ、頭痛、筋肉痛、発熱、倦怠(けんたい)感などです。1回目よりも2回目の接種後の方がより強く、また年齢が若い人の方が発生頻度の高い傾向がみられます。

 皆さんが心配される副反応の一つが「アナフィラキシー」でしょう。発疹や呼吸困難など、複数の症状が表れる重いアレルギー症状です。このアナフィラキシーが起きる頻度は20万接種に1回程度です。7割が接種後の15分以内、9割が30分以内に起きるとされています。万が一、アナフィラキシーが起きたとしても、適切な処置を施せば回復しますし、後遺症は残りません。

中高生や妊婦、アレルギーがある人は大丈夫?

 ――6月1日から、ファイザー社製ワクチンについて、12歳以上の小児への接種が可能になりました。保護者から「自分の子どもに打たせるべきかどうか悩んでいる」という声が上がっています。

 ◆文部科学省の調査によると、小学生は家族内感染が79%と圧倒的に多く、中学生でも63%を占めます。高校生になると、感染経路不明が34%で最も多くなり、家庭内感染が33%、学校内感染が25%、家庭・学校以外の活動・交流などが8%です。高校生になると行動範囲が広がり、どこで感染するか分からない可能性が高まりますから、ワクチン接種をすることで感染から身を守るメリットが高くなる、という考え方もできるでしょう。

 とはいえ、小児科医の中でもいろいろ意見があります。子どもの多くは感染しても無症状か軽症で重症化はまれです。一方、予防接種による副反応は高齢者に比べて起きやすい傾向がみられます。「子どもよりも、むしろ大人が積極的に打つべきだ」という意見もあります。僕自身は、子どもへの接種には基本的に前向きですが、「まずは子どもに関わる周りの大人たちが積極的に接種することで子どもを守る」という考えに賛成です。

 ただし、神経疾患や慢性呼吸器疾患などの基礎疾患がある子どもについては、接種をしておけば、コロナに感染しても重症化を防ぐことができます。コロナ感染によって、下痢や発熱、発疹などが起きる「小児多系統炎症性症候群」を発症するケースもありますから、子どもに接種するメリットも十分にあると思っています。

 ワクチン接種後、若年層で心筋炎が発症するリスクについて注目されましたが、米疾病対策センター(CDC)の諮問委員会は「極めてまれで軽症。接種のメリットがデメリットを上回る」と報告しています。

 ――妊娠中の女性はどうでしょうか。

 ◆妊娠中の女性も接種は可能です。アメリカでは今年5月末までに10万人以上の妊婦さんがワクチンを接種していますが、接種者の早産、流産、死産の発生頻度が増えたという報告はありません。おなかのお子さんに悪い影響を与えたり、将来妊娠しにくくなったりすることも考えられません。妊婦さんはコロナに感染した際、重症化のリスクがあり、CDCはワクチン接種を推奨しています。不妊治療も中断する必要はありません。

 ――花粉症や食物などにアレルギーがある人は、副反応のアナフィラキシーが起きやすいのではないかという心配があるようです。

 ◆花粉症、アトピー性皮膚炎、ぜんそくなどがある場合も接種できます。アレルギーに関しては、ワクチンの成分そのものへのアレルギーがなければ問題ありません。化粧品や軟こう、染料などに含まれる成分「ポリエチレングリコール」や食品添加物に使用される乳化剤「ポリソルベート」でアナフィラキシーがあった人は接種を控えてください。

 過去に血圧低下、呼吸困難、意識障害を伴う「アナフィラキシーショック」を経験した人も、ワクチンに原因となった成分が入っていなければ接種は可能です。また、集団接種の会場は、アナフィラキシーに対応できるよう万全の準備をしています。

 既にコロナに感染した経験がある人は、免疫がどれだけできているのか、現時点では十分なことが分かっていません。ワクチンの接種によって、感染で得られた免疫がさらに高まる効果は認められています。CDCは感染した人の接…

この記事は有料記事です。

残り2151文字(全文4347文字)

西田佐保子

毎日新聞 医療プレミア編集部

にしだ・さほこ 1974年東京生まれ。 2014年11月、デジタルメディア局に配属。20年12月より現職。興味のあるテーマ:認知症、予防医療、ターミナルケア。