ヘルスデーニュース

果物を多く食べる人は糖尿病になりにくい

  • 文字
  • 印刷

 糖尿病のリスクを下げたいのなら、果物を多く食べると良いかもしれない。「The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism」に6月2日掲載された研究報告によると、1日の果物の摂取量によって、2型糖尿病の発症リスクに最大36%の差が生じる可能性があるという。論文の筆頭著者であるエディスコーワン大学(オーストラリア)のNicola Bondonno氏は「果物の摂取量とインスリン感受性との間に関連が認められた。これは、果物を多く摂取している人は、インスリン分泌を節約できることを意味している」と述べている。

この記事は有料記事です。

残り1457文字(全文1736文字)