東京オリンピックの開会式で、聖火(手前)の点火とともに打ち上げられる花火=国立競技場で2021年7月23日午後11時49分、徳野仁子撮影
東京オリンピックの開会式で、聖火(手前)の点火とともに打ち上げられる花火=国立競技場で2021年7月23日午後11時49分、徳野仁子撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大がおさまらない中、東京オリンピックが始まりました。現状では「デルタ株」という、インドで最初に確認された変異株への注意が必要となっています。一方、進んでいる新型コロナワクチンの接種には大きな期待があります。

始まっている「第5波」

 日本での感染「第5波」がいつからなのか、正確な定義はありませんが、全国的にみると6月下旬から、1日の新規感染者数の7日間平均が増え続けています。東京都には7月12日から、そして沖縄県には5月23日から引き続き、緊急事態宣言が出ています。そして、デルタ株と五輪、双方の影響が重なり、今後は感染が拡大する要素が極めて多いと考えられます。

 東京五輪では、首都圏(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県)と福島県、北海道で行われる競技は無観客で開催されます。それでも、海外からは選手や関係者を合わせて9万人の入国が見込まれています。東京・豊洲では、外国の方がマスクなしで飲酒をしていた事例も報道されました。

この記事は有料記事です。

残り1653文字(全文2078文字)

志賀隆

国際医療福祉大医学部救急医学主任教授(同大成田病院救急科部長)

しが・たかし 1975年、埼玉県生まれ。2001年、千葉大学医学部卒業。学生時代より総合診療・救急を志し、米国メイヨー・クリニックでの救急研修を経てハーバード大学マサチューセッツ総合病院で指導医を務めた救急医療のスペシャリスト。東京ベイ・浦安市川医療センター救急科部長などを経て20年6月から国際医療福祉大学医学部救急医学教授、21年4月から主任教授(同大成田病院救急科部長)。安全な救急医療体制の構築、国際競争力を産み出す人材育成、ヘルスリテラシーの向上を重視し、日々活動している。「考えるER」(シービーアール、共著)、「実践 シミュレーション教育」(メディカルサイエンスインターナショナル、監修・共著)、「医師人生は初期研修で決まる!って知ってた?」(メディカルサイエンス)など、救急や医学教育関連の著書・論文多数。