ヘルスデーニュース

立ったまま働く人は慢性腎臓病になりにくい

  • 文字
  • 印刷

 日本人労働者において、仕事中の姿勢が「立位や歩行中心」の人は「座位中心」の人と比べて慢性腎臓病(CKD)発症リスクが低いことが分かった。その一方で、余暇時間の運動や通勤のための歩行時間はCKDリスクと関連がなかった。国立国際医療研究センター臨床研究センター疫学・予防研究部の山本尚平研究員らの研究結果で、詳細は「Scientific Reports」に6月10日に掲載された。

 身体活動量とCKD発症リスクには有意な(統計的に偶然ではない)負の関連があることが、メタ解析(さまざまな研究を総合した分析)の結果として報告されている。しかし、総死亡や心血管疾患をアウトカムにした先行研究から、職業上の身体活動と余暇時間の身体活動とでは健康に与える影響が異なることが示唆され「身体活動のパラドックス」と呼ばれている。ただし、CKDに関してはこの点について十分に検討されていない。以上…

この記事は有料記事です。

残り1407文字(全文1796文字)