ヘルスデーニュース フォロー

新型コロナ 鼻に噴霧するワクチンを動物実験中

フェレットを手で支える女性
フェレットを手で支える女性

 動物を用いた試験で、実験段階にある吸入型の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンが、感染予防に有効である可能性が示された。このワクチンは、動物から動物への感染を防いだという。米アイオワ大学小児科、および微生物学・免疫学教授のPaul McCray氏らによるこの研究は「Science Advances」に7月2日に掲載された。

 このCOVID-19のワクチンは、季節性インフルエンザ用の経鼻ワクチンと同じように、鼻腔内にスプレーを吹きかけるだけで接種できる。接種回数は1回で済み、通常の冷蔵保存で最長3カ月間、保管可能だ。

この記事は有料記事です。

残り1146文字(全文1416文字)