ジソウのお仕事

「ゴミ屋敷で暮らし」「不登校」は保護すべきなのか?

青山さくら・児童相談支援専門職員
  • 文字
  • 印刷
 
 

 「家中にゴミが散らかって、物があふれて、勉強する場所もなくて、Mちゃんがかわいそうです。学校にも行かせてもらえなくて、虐待です。ネグレクトです。ジソウはどうして子どもを一時保護しないんですか? なんとかならないんですか!?」

 そう言って、市役所の子ども家庭課職員のAさんが、私に訴えている。

 Aさんは、小学2年生の女の子、Mちゃんとその家族を支援してきたが、行き詰まりを感じているらしい。

 「ゴミが散らかっているとか、不登校だとか、Aさんはそばで見ていて心配だろうけど、それを理由に子どもを職権保護するなんて、そう簡単にできない」と私。

この記事は有料記事です。

残り2633文字(全文2902文字)

青山さくら

児童相談支援専門職員

「青山さくら」はペンネーム。複数の児童相談所で児童福祉司として勤務した後退職し、現在は自治体などで子ども虐待関連の仕事をしている。「ジソウのお仕事」は隔月刊誌「くらしと教育をつなぐWe」(フェミックス)で2009年4月から連載。過去の連載の一部に、川松亮・明星大学常勤教授の解説を加えた「ジソウのお仕事―50の物語(ショートストーリー)で考える子ども虐待と児童相談所」(フェミックス)を20年1月刊行。【データ改訂版】を2021年3月に発行した。絵・中畝治子