人生の筋トレ術

女性の話が聞き取りにくいと感じたら

西川敦子・フリーライター
  • 文字
  • 印刷
 
 

 「私これから出かけるけれど、今日、クリーニング屋の佐藤さんが1時に来るんですって。布団を出したいから待っていてね」と妻に頼まれた浩輔さん。美人店員の佐藤さんが来るというので浩輔さんは布団を押し入れから引っ張り出し、いそいそと玄関に運んだ。しかし1時を過ぎても佐藤さんが来る気配はない。日も暮れたので布団を片付け、妻が用意してくれた夕飯を温め始めたところ、チャイムが鳴った。時計の針は7時を指している。ドアを開けると立っていたのは佐藤さんではなく、こわもての男性店員、加藤さん。「佐藤さん」は「加藤さん」、「1時」は「7時」の聞き間違いとわかったのは、妻が帰宅して言い合いになった後だった。

この記事は有料記事です。

残り3093文字(全文3388文字)

西川敦子

フリーライター

にしかわ・あつこ 1967年生まれ。鎌倉市出身。上智大学外国語学部卒業。釣り関連の編集プロダクション勤務、温泉仲居を経て、2001年から執筆活動。経済誌、新聞、人事関連雑誌などで、メンタルヘルスや家族問題、働き方をテーマに取材を続ける。著書に「ワーキングうつ」(ダイヤモンド社)など。