ヘルスデーニュース フォロー

止血用の皮膚接着剤 フジツボをヒントに開発中

 船底に付着するため船にはやっかいな存在であるフジツボをヒントに開発した組織接着剤(手術の際に皮膚などに使う)が、重度の出血を素早く止める新たな方法として有用である可能性が報告された。米マサチューセッツ工科大学(MIT)のHyunwoo Yuk氏らが「Nature Biomedical Engineering」に8月9日に論文を発表した。

 失血は、兵士の間では外傷後の主要な死因であり、一般集団の間でも外傷後の死因として2番目に多い。止血方法の開発は長年の課題であり、いまだに十分に解決されていない。開いた傷口をふさぐ方法としては、一般的に縫合が用いられる。しかし、縫合するには時間がかかり、最初に手当をする人が緊急の状況の中で行うのは不可能な場合が多い。現在使われている止血剤の多くは、血液凝固を助ける凝固因子を含む。しかし、血液が固ま…

この記事は有料記事です。

残り1124文字(全文1494文字)