医療・健康Tips

目の前にいつもチラつく黒いやつ 気になる「飛蚊症」

  • 文字
  • 印刷

 飛蚊症(ひぶんしょう)は目の硝子体の混濁による症状です。視界に黒い影がちらついて見える様子が、飛んでいる蚊のように見えることから、この名前がついています。飛蚊症といっても、小さな虫のような影やごまが散ったような点状、糸くずのような筋状、煙の輪のようなもやっとした影など、形状はさまざまで、影の大きさや数も異なります。影の輪郭がややぼやけて見え、視線を追って揺れ動くように感じられます。

 白い壁や青空など明るい所を見たときに気づきやすく、暗い場所では見えにくくなります。また、長期的に続くため、次第に慣れて気にならなくなることが多いようです。

この記事は有料記事です。

残り2364文字(全文2635文字)