医療プレミア特集

不安とどう向き合う? コロナ禍の妊娠・出産

鈴木敬子・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

 千葉県柏市で先月、新型コロナウイルスに感染した妊婦の搬送先が見つからないまま自宅で早産し、新生児が死亡した問題は、多くの人に衝撃を与えた。とりわけ現在、妊娠中の女性は不安をかき立てられたのではないだろうか。コロナの感染拡大が続く中、こうした不安とどう向き合っていけばよいのか。北海道や鳥取県など全国各地の病院で診療し、妊婦の声に耳を傾けている産科医の竹内正人医師に、妊婦の不安への対処法やコロナ禍での出産に向けた心構えを聞いた。

 ――今回の問題を聞いて、どう感じましたか。

 ◆「起こるべくして起こった」と思いました。これまでも日本の周産期医療システムは、平時は機能しても、非常時にうまく機能しないことがありました。たとえば、2008年に脳出血を起こした妊婦が、総合周産期母子医療センター(※1)である東京都立墨東病院など8病院に受け入れを断られ、出産後に死亡した事例などが挙げられます。「周産期+脳出血」「周産期+コロナ感染」のように、通常の周産期以外にも対処が求められる患者さんを救える機能を兼ね備え非常時でも受け入れられる、という体制は整っていないのが現状だからです。

 今回はコロナという前例にないことでした。院内感染やクラスターが発生すると病院の機能を制限したり、ストップしたりしなければなりません。「助けてあげたい」と思っても、無意識のうちの制約やそんたくが働いて受け入れられないケースもあるでしょう。

 自己犠牲を払いながら一つの命に向き合い、医療にまい進している現場の医師たちの多くは、今回の問題が自分の目の前で起きたことではなくても、「まだまだ自分たちの力の及ばないことがたくさんあるのか」という無力感や悲しみを感じていると思います。

今回のことを基準に考えないで

 ――今回の問題で不安になっている妊婦さんは多いと思います。「起こるべくして起こった」となると、ますます不安を募らせる人は多いのではないでしょうか。

 ◆「不安にならないように」と言っても無理な話でしょう。しかし、基本的に今回のことは「例外」であり、一般に起きていることではありません。あくまでも例外の出来事だからニュースになっているのです。妊婦さんの感染も増えてきましたが、妊婦の感染者が多いわけではありません。妊娠後期に感染すると重症化する人もいますが、そもそも妊娠する人は体力のある人ですから、今回のことを基準に考えないでほしいと思います。

 何事にも「リスクがゼロ」ということはありません。そもそも妊娠・出産期というのはリスクと隣り合わせで、命が脅かされる時期にあたります。ところが妊婦さんは妊娠、出産で自分自身や赤ちゃんが命を落とすことがあるとは知っていても、通常「人ごと」で、それが自分の身に起こるとは思っていないでしょう。しかし、今回はインパクトのあるニュースで情報も多いので、多くの妊婦さんは「自分ごと化」しています。調べれば調べるほどいろいろな情報が出てきて、それはたいてい不安をかき立てるようなものです。ただし、その情報はあなたの体、あなたの子どものことではないのです。

 落ち着いて考えてみてください。歴史の上でも世界の中でも、日本はいま、それでも一番安全に産める時代であり、場所でもあることに変わりないのです。今回の問題を「自分ごと化」してしまいそうな環境と、どう折り合いをつけていくかが大切です。

 ――改めて妊婦の感染予防対策について教えてください。

 ◆予防策は三つあります。一つはワクチン接種、二つ目は3密(密閉、密集、密接)を避ける▽手洗いをする――などの基本的な感染対策を徹底する、三つ目は妊娠中は抵抗力が下がり、コロナに限らず感染症にかかりやすいので、生活習慣を見直し、メンタルも含めた体調を整えることです。

ワクチン接種をどう考え、行動するかがその先につながる

 ――ワクチン接種については、日本産科婦人科学会などが「妊婦は時期を問わず推奨する」としていますが、民間会社による調査では、未接種の妊婦のうち3割以上が「接種したくない」と回答している(※2)ようです。

 ◆私もワクチン接種については外来でよく聞かれます。質問はだいたい「ワクチンは接種しても大丈夫ですか?」「(他の妊婦の)皆さんは接種していますか?」の二つです。そう聞かれた時、…

この記事は有料記事です。

残り3814文字(全文5585文字)

鈴木敬子

毎日新聞 医療プレミア編集部

すずき・けいこ 1984年茨城県生まれ。法政大卒。2007年毎日新聞社入社。岐阜支局、水戸支局、横浜支局などを経て、15年5月から医療プレミア編集部。