医療・健康Tips

在宅ワークでリスク増!? お尻のトラブル解消法

  • 文字
  • 印刷

 テレワークが推進される中、再発や悪化のリスクが高まっているのが「痔(じ)」。痔は、もともと虫歯に次ぐほど多いといわれる身近な疾患です。テレワークと痔には複数の因果関係がありますが、まず座りっぱなしの姿勢は肛門付近のうっ血を起こし、血流が低下して肛門の炎症の原因になります。また、運動不足は便秘の原因となり、便秘で排便時にいきむことで肛門に炎症を起こします。テレワークで1日中誰とも会わず、外出もせずにいるとストレスになり、不眠になったり眠りが浅くなったりすることも見逃せない要因です。

 肛門は食道から胃、小腸、大腸につながる消化器官の出口で、環境や生活習慣と直結した器官のため、疾患の種類や症状も多様です。テレワーク、在宅ワークの注意点を知り、適切な対策を心がけましょう。

この記事は有料記事です。

残り3875文字(全文4212文字)