あなたのおくすり手帳

薬の「食前」「食後」を守るのが大事な理由

高垣育・薬剤師ライター
  • 文字
  • 印刷
 
 

 薬局で飲み薬をもらうと「食後に」「空腹時に」など、服用のタイミングを食事と関連づけて示されることが多いと思います。そのためでしょうか、「普段朝ごはんを食べないのですが、食べないまま薬を飲んでも大丈夫ですか?」「夜勤のときはどうしたら?」といった食事にまつわる質問をしばしば受けます。そこで今回は薬と食事の関係について改めて確認してみましょう。

 薬局で薬をもらって袋を眺めてみると、「食前」「食後」「食間」など薬によってさまざまな飲み方があります。こんなふうに、薬の飲み方が食事と関連づけられているのには、大きく二つの理由があります。

この記事は有料記事です。

残り2522文字(全文2789文字)

高垣育

薬剤師ライター

たかがき・いく 1978年福岡県生まれ。2001年薬剤師免許を取得。調剤薬局、医療専門広告代理店などの勤務を経て、12年にフリーランスライターとして独立。毎週100人ほどの患者と対話する薬剤師とライターのパラレルキャリアを続けている。15年に愛犬のゴールデンレトリバーの介護体験をもとに書いた実用書「犬の介護に役立つ本」(山と渓谷社)を出版。人だけではなく動物の医療、介護、健康に関わる取材・ライティングも行い、さまざまな媒体に寄稿している。17年には国際中医専門員(国際中医師)の認定を受け、漢方への造詣も深い。