ヘルスデーニュース フォロー

新型コロナ ラマの「ミニ抗体」も治療薬に?

 ラマが体内で作る小さな抗体「ナノボディ」が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療の選択肢に加わる日が来る可能性を示した研究結果が「Nature Communication」に9月22日に発表された。研究グループによると、このナノボディは新型コロナウイルスに強力に結合して中和する。最終的にはラボで作れて、患者には点鼻スプレーで投与できるとみている。治療薬としての抗体が従来、細胞を使って作られ、点滴で使われてきたのに比べると、製造も治療も容易になる可能性があるという。

 抗体は、ウイルスなどの異物(抗原)に結びつくことで、その抗原を攻撃する。「免疫グロブリン」と呼ばれるたんぱく質でできていて、「重鎖」と呼ばれる部分と「軽鎖」と呼ばれる部分に分かれている。両鎖の先端部分は「可変領域」と呼ばれ、ここが抗原と直接に結びつく。

この記事は有料記事です。

残り1441文字(全文1809文字)