ヘルスデーニュース フォロー

新型コロナ 感染性の有無が2時間で分かる検査

 前処理していない検体から短時間で新型コロナウイルスを検出でき、ウイルスが感染力を持つかどうかの判定もできる、新たなセンサーの開発に成功したと、米イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校(UIUC)のAna Peinetti氏らが「Science Advances」9月24日号に発表した。

  Peinetti氏らはこのセンサーを、特定のウイルスとだけ結合するDNAの分子(アプタマー)と、ナノ(100万分の1mm)サイズの穴(ナノポア)を組み合わせて作り「アプタマー・ナノポアセンサー」と名付けた。このアプタマーは、感染性があるウイルスには結びつくが、ないウイルスには結びつかない。また、ナノポアをDNAが通過すると、その際の電流変化で塩基配列を解読できる。このためセンサーは、特定のウイルスを認識するだけでなく、そのウイルスの感染性も見極められるという。

この記事は有料記事です。

残り1476文字(全文1853文字)