ヘルスデーニュース フォロー

慢性腰痛の治療に心理療法が効果

 慢性的な腰や背中の痛み(以下、腰痛)で理学療法や薬物治療を試したものの、効果が得られなかったという経験がある人は多いだろう。こうした中で、心理療法によって痛みを緩和できる可能性が米コロラド大学心理学・神経科学のYoni Ashar氏らの研究で示唆された。この心理療法は、痛みに対する思い込みを払拭することを目指す。研究結果は「JAMA Psychiatry」に9月29日に発表された。

 この研究は、過去6カ月間で2日に1度以上、軽症から中等症の腰痛が生じた21・70歳の男女151人(平均年齢41.1歳、女性54%)を対象に実施された。対象者は、疼痛再処理療法(Pain Reprocessing Therapy:PRT)と呼ばれる心理療法を4週間にわたって受けるグループ(心理療法グループ、50人)と、生理食塩水を皮下注射するプラセボグループ(51人)、これまで通りのケアを続ける群…

この記事は有料記事です。

残り1523文字(全文1916文字)