医療・健康Tips

若者の性行動がますます不活発に?

  • 文字
  • 印刷

 日本性教育協会では1974年からほぼ6年ごとに、中学生、高校生、大学生を対象に、性についての意識や態度、経験といった「青少年の性行動調査」を全国規模で行っています。2017年に行われた最新の調査では、若者の性行動の不活発化の進行が明らかになっています。その概要を見ていきましょう。

デートもキスも性交も 05年ピークに低下続く

 「青少年の性行動調査」では主な性行動として、デート経験、キス経験、性交経験の3つの経験の有無について調べます。そして、調査が始まった当初からの変化をまとめ、白書として発表されています。

 まず大学生の調査結果では、デート、キス、性交いずれも調査開始から上昇していた数値が2005年をピークにそれ以降、低下し続けていることがわかりました。

この記事は有料記事です。

残り1316文字(全文1647文字)