医療・健康Tips

知っておきたい 白内障手術の後の見え方

  • 文字
  • 印刷

 白内障の手術では水晶体の白濁を除くだけでなく、現在では眼内レンズを入れることによって、老視や近視、乱視などの視力矯正ができるようになっています。ところが、手術による合併症や技術的なこと以外の原因で、術後に見え方の変化や違和感、目の乾きなどの症状が出現することがあります。

「遠視が強く」「左右に差が」まれに痛みや別の病気の症状も

 特に強い近視等があって、これまでめがねやコンタクトレンズを使用していた人が、白内障治療のために眼内レンズで矯正した場合に多くみられるようです。また、手術前後で見え方の変化の度合いが大きい場合に出現しやすいとされます。

 見え方の変化や違和感としては、遠視が強くなった、乱視が強くなったように感じる、左右の見え方に差があるなどの訴えが聞かれます。まれに術後の眼痛や違和感、ゆがみ、眩しい、頭痛などの症状が出ることも。さらに、眼瞼(がんけん)けいれんなど、他の病気によるもので、手術前に気づかなかった症状が顕著になることもあります。

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文1015文字)