医療・健康Tips フォロー

50歳から要注意 帯状疱疹は疲れやストレス、加齢が引き金に

 国内では成人の約9割が帯状疱疹の原因となるウイルスを体内に保持しているといわれ、免疫力が低下すると帯状疱疹を発症することがあります。初期症状を見逃さず早めに受診することで、合併症や後遺症を防ぎましょう。

潜伏していた水ぼうそうのウイルスが再活性化

 帯状疱疹は、多くの人が子どものころに感染する「水痘・帯状疱疹ウイルス」が原因で起こります。このウイルスに最初に感染した際は水ぼうそうを発症しますが、水ぼうそうが治った後もウイルスは神経節に潜伏しています。そして、過労やストレスなどにより免疫力が低下すると、再びウイルスが活性化して帯状疱疹を引き起こします。

 国内では成人の9割以上が水痘・帯状疱疹ウイルスを体内に持っているといわれ、帯状疱疹の発症は決して珍しいことではありません。加齢も免疫力を低下させる要素の1つであり、50歳を過ぎるころから、それまでウイルスの再活性化を抑え込んできた免疫力が低下し始めることで帯状疱疹を発症するケースが多くみられます。

この記事は有料記事です。

残り2695文字(全文3122文字)