ジソウのお仕事

「離婚は子どもがかわいそう」 別居を続ける夫婦の一致点

青山さくら・児童相談支援専門職員
  • 文字
  • 印刷
 
 

 子どもを守るための児童相談所(ジソウ)ですが、相談を受けても、保護者や学校など周囲の大人の事情で肝心の子どもに話を聞くことができない場合は少なくありません。ジソウで働く青山さくらさんが現場の思いをつづる連載に今回登場するのは、互いに弁護士をたて、「相手が子どもを虐待している」と主張する夫婦。歩ける距離の近さで別居を続けています。この家族をどう受け止め支えたら良いのでしょうか?

この記事は有料記事です。

残り2700文字(全文2890文字)

青山さくら

児童相談支援専門職員

「青山さくら」はペンネーム。複数の児童相談所で児童福祉司として勤務した後退職し、現在は自治体などで子ども虐待関連の仕事をしている。「ジソウのお仕事」は隔月刊誌「くらしと教育をつなぐWe」(フェミックス)で2009年4月から連載。過去の連載の一部に、川松亮・明星大学常勤教授の解説を加えた「ジソウのお仕事―50の物語(ショートストーリー)で考える子ども虐待と児童相談所」(フェミックス)を20年1月刊行。【データ改訂版】を2021年3月に発行した。絵・中畝治子