ヘルスデーニュース フォロー

てんかん発作を予測できる装着型機器を開発中

Claire Wiedmaierさん
Claire Wiedmaierさん

 米国アイオワ州に住む23歳の女性、Claire Wiedmaierさんは10代の時に前歯を2本折ってしまった。薬で発作を抑えにくい種類のてんかんで、発作を起こしたためだ。「発作が起きると、事前に分かるなら素晴らしい。(起きそうな時は)人前に出たり、シャワーを浴びたりするのを避けられる。シャワー中の発作は全くよくない」と彼女は語る。

 彼女のようなてんかん患者の願いの実現に向けて、生体信号を利用して発作を予測するウェアラブルデバイスの開発を進めている研究者がいる。その開発状況が「Scientific Reports」に11月9日に掲載された。発作の約30分前に警告を出せるような、患者ごとの生体信号パターンを把握しつつあるという。論文の上席著者である米メイヨー・クリニックのBenjamin Brinkmann氏は「てんかん発作の…

この記事は有料記事です。

残り1527文字(全文1894文字)