ジソウのお仕事

子どもの話を聴いて支援をしていますか?

青山さくら・児童相談支援専門職員
  • 文字
  • 印刷
 
 

 児童相談所(児相)や市区町村の子ども家庭部署では、援助方針会議や支援会議が行われている。子どもの支援方針を決めたり、行政手続きとして相談を終結するかどうかなどを話し合う大切な会議だ。

 その会議で、採用2年目の若いケースワーカー、Yさんからケース終了の提案があり、私は質問した。「子どもに会えたんですか」と。Yさんは「学校に行って、遠目には元気な様子は確認しました」と言う。「じゃ、この子から直接何も聴かないで終わるということ? それはやめておきましょうよ、学校に行って、この子からちゃんと話を聴いてから児相として終わるかどうか判断しましょうよ」

 Yさんは「えっ」という感じで不満そうだった。そりゃそうだ。児相の職員の定数は「増」になったのに適任がおらず、欠員のまま。1人は病欠。1人が産休・育休。新任職員もいる中で、入職してたった2年のYさんは、虐待の対応困難なケースもたくさん任され、フル稼働で働いている。担当するケースも80件近くになっているだろう。毎晩10時ごろまで残業して“頑張り屋さん”なのは、みんな知っている。でも……。

この記事は有料記事です。

残り2557文字(全文3024文字)

青山さくら

児童相談支援専門職員

「青山さくら」はペンネーム。複数の児童相談所で児童福祉司として勤務した後退職し、現在は自治体などで子ども虐待関連の仕事をしている。「ジソウのお仕事」は隔月刊誌「くらしと教育をつなぐWe」(フェミックス)で2009年4月から連載。過去の連載の一部に、川松亮・明星大学常勤教授の解説を加えた「ジソウのお仕事―50の物語(ショートストーリー)で考える子ども虐待と児童相談所」(フェミックス)を20年1月刊行。【データ改訂版】を2021年3月に発行した。絵・中畝治子