医療・健康Tips フォロー

家族歴も注意 若年に多い生殖器のがん

 精巣がんや卵巣がんのうち、若い年代では男女とも胚細胞のがんにかかる確率が高く、発症には遺伝も強く関係しています。

 20代後半から30代の男性に多いがんの1つに精巣がんがあります。男性の陰のう内にある精巣(睾丸)の細胞にできるがんで、約95%は精子をつくる精母細胞(せいぼさいぼう)から発生します。

効果の高い抗がん剤が登場した精母細胞のがん

 精母細胞にできるがんは胚細胞腫瘍とも呼ばれます。進行・転移が速いので、かつては若年男性では不治の病とされていました。しかし、現在では治療効果の高い抗がん剤が登場したこともあり、早期に発見すれば比較的予後のよいがんに数えられています。

 精巣がんの原因は不明ですが、発症リスクとして以下のことが挙げられています。

この記事は有料記事です。

残り1155文字(全文1480文字)