ヘルスデーニュース フォロー

新型コロナ 風がある日は感染リスクが下がる

 屋外で集まるのなら、風の強い日がベストのようだ。米ニューヨーク州で、風がほとんど吹いていない日は、もう少し風が強い日に比べて、新型コロナウイルスに感染するリスクが最大45%高くなっていたことが、新たな研究で分かった。米ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校公衆衛生プログラム准教授のSean Clouston氏らによる研究で、結果は「BMC Infectious Diseases」に11月27日に掲載された。

 Clouston氏らは今回、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックに屋外での感染伝播が寄与するのかどうかを調べるために、風の弱い日の屋外での集まりは新型コロナウイルス感染リスクが高まると仮定し、それを調べる研究を実施した。

この記事は有料記事です。

残り1151文字(全文1479文字)