実践!感染症講義 -命を救う5分の知識-

後遺症? つらい症状に医師は「気のせい」 理解してもらう伝え方は

谷口恭・太融寺町谷口医院院長
  • 文字
  • 印刷
 
 

 私が院長を務める太融寺町谷口医院(以下「谷口医院」)には、新型コロナウイルス感染症の後遺症、もしくは新型コロナワクチンの後遺症に苦しむ患者さんからの相談が日々寄せられています。その中で「数件の病院を受診したがどこもまともに聞いてくれなかった。診てもらえるところがない」という内容が目立ちます。しかし、医師側から見れば(ウイルスやワクチンが原因かどうかはひとまず置いておいて)何らかの症状に苦しんでいる患者さんを放っておくことはできません。では、なぜこのような行き違いが生まれるのでしょうか。

 動悸(どうき)、倦怠(けんたい)感、息切れ、めまい、頭痛、全身の痛み、微熱などで苦しんでいるにもかかわらず、医師がその苦痛をくみ取れず患者さんの気持ちを理解できないのは、医師側に問題があります。ある患者さんは「『検査に異常がないから正常だ。もう来なくていい』と前の病院で医者から言われた」と話していました。実際には、その医師は異なるニュアンスで説明した可能性もあると思いますが、そうであったとしても…

この記事は有料記事です。

残り3515文字(全文3961文字)

谷口恭

太融寺町谷口医院院長

たにぐち・やすし 1968年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。91年関西学院大学社会学部卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。研修医を終了後、タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事。同ホスピスでボランティア医師として活躍していた欧米の総合診療医(プライマリ・ケア医)に影響を受け、帰国後大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、主にタイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。主な書籍に、「今そこにあるタイのエイズ日本のエイズ」(文芸社)、「偏差値40からの医学部再受験」(エール出版社)、「医学部六年間の真実」(エール出版社)など。太融寺町谷口医院ウェブサイト 無料メルマガ<谷口恭の「その質問にホンネで答えます」>を配信中。